Blue Light Amami ブルーライト奄美 星空が楽しめる宿

文字サイズ

奄美の星空

2021/10/15
【2021年10月】良い日&星空カレンダー

【2021年10月】良い日&星空カレンダー

10月 3日 一粒万倍日

10月 6日 新月

10月13日 一粒万倍日

10月16日 一粒万倍日

10月20日 満月(おひつじ座)

10月21日 オリオン座流星群極大前後数日間夜半から未明にかけて(1h/5個程度)

 

注)満月の前後数日間は月の光が強いため、星は見えません。
星空が見たい場合は、新月に近い日をお選びください。
満月に近い日は月光浴をお楽しみください。

 

一粒万倍日(いちりゅうまんばいび/いちりゅうまんばいにち)】とは暦の選日のひとつ。選日とは日の吉凶を占うもので、その日の干支によって決められます。

一粒万倍日には「一粒の籾(もみ)をまけば、万倍の籾を持った稲穂になる」という意味があり、自分の言動が万倍になって返ってくると言われる日。大安に並ぶ縁起の良い日とされていて、大きく発展させたいことを始めるのに適した日です。

 

2021/10/10
【奄美の星空を楽しく知る】

奄美の星空を勉強するためにあまみ観光物産連盟さん主催の「奄美の星空を楽しく知る」を1年間全6回セミナー終了致しました。
講師は奄美観光大使でもある、写真家の荒木マサヒロ氏。

「カノープスを探そう!」から始まり、春や夏の大三角等の星の探し方を教えて頂きました。
+αで七夕や天文の情報等、毎回色んなお話しが盛沢山過ぎて、全部覚えきれて・・・ない💦

でも、星の探し方はしっかり覚えましたよ。

今では簡単な星の説明できるようになりました。

今後は星空案内プランを立てて、ご宿泊の皆様へ奄美の星空を楽しんで頂こうと思います。

お客様により良い案内をするためにも、こんな講座、もっと続けて欲しいです。

本日は、外国の方々へもご案内。
日本人も外国人も関係なく、天の川や月、金星、木星、土星等好きなんですね~。
流れ星見た!って喜んでました。

もっともっと勉強したい!
そして皆さんに都会ではあまり見れない奄美の星空を楽しんで頂きたいと思います。
波音を聴きながら、癒されに来ませんか?

荒木さんは現在、南海日日新聞で毎月一回、「星を見に連れてって!~奄美の季節の星空~」を連載。
FMたつごうで第2、最終金曜日の18時半~19時まで奄美の星空番組「星を見に連れてって!」を放送。
再放送は翌土曜日の22時半から23時まで。
FMたつごう78.9MHz
エリア外の方はリッスンラジオより全国どこからでもお聴き頂けます。

ブルーライト奄美にご宿泊予定の皆様には、必ず聴いて頂きたい番組です。

何を隠そう、当宿にここの星空のすばらしさを教えてくれたのは荒木氏なんですよ。
なので、当宿は荒木氏を全面バックアップ、ラジオのスポンサーにもなっております。

星空も写真も教えて頂きました。
感謝しかありません。

あまみ観光物産連盟さん、このセミナー継続してくれないかな~。

奄美の星空を楽しく知る

奄美の星空

 

 

2021/09/13
【奄美の星空】 長寿の星「カノープス」 

天体好きにはたまらない星
カノープス】と言う星を知ってますか?
シリウスの次に明るい1等星
南の水平線上、空の低い場所にある明るい星
今の時期は明け方前、南の空が開けた場所(BLAの部屋のテラス)で、冬の大三角やおおいぬ座のシリウスを目印(カクテルグラスが少し左に傾いているような形)にして、南の地平線のちょっと上(高度10度位)に姿を現すカノープスを探してみましょう。

雲や水蒸気などがありますが、視界が良好であれば、奄美ではもう見え始めていますよ。

これは9月11日 朝5時7分に宿の部屋から撮った写真(iPhone 12 Pro Max)


どれがどれか分かりますか?
オリオン座、冬の大三角(ペテルギウス、プロキオン、シリウス)、おおいぬ座、カノープス




こちらは9月9日 5時14分にiPhone 12 Pro Maxで撮った写真。
オリオン座、シリウス、カノープス


              ※天の川ハンター、写真家荒木マサヒロ氏より提供

今はもっと左に傾いていますが、こんな感じで探してください。
先ずはオリオン座から・・・


カノープスは今の時期、出て来るのは朝4時40分頃ですよ~。
早起きしてみてね。
テラスから、真正面の所に出てますよ。

月日が経つと次第に右に傾いて見えるようになります。

時々、その時の写真をUPするので、私の写真で確認しながら星空を見てくださいね。

ちなみに、カノープスは中国では南の地平線すれすれに現れる奇妙な赤い星として知られていました。
見えるときもあれば見えないときもあることや、縁起の良い赤い色であることなどから、中国ではカノープスを「南極老人星」や「寿星」と呼んでいます。

南極老人とは、日本の七福神の寿老人あるいは福禄寿の元になった神様で、長寿をつかさどるとされてきました。
そのため、この星を見ることは縁起が良いとされ、とくに、一目見ると寿命がのびるという話が有名です。

サイト内検索

News

【2021年10月】良い日&星空カレンダー

【2021年10月】良い日&星空カレンダー

【2021年10月】良い日&星空カレンダー 10月 3日 一…

【奄美の星空を楽しく知る】

【奄美の星空を楽しく知る】

奄美の星空を勉強するためにあまみ観光物産連盟さん主催の「奄美…

【ひかるキノコ】宿泊者限定スペシャル

【ひかるキノコ】宿泊者限定スペシャル

ひかるキノコって見た事あります?梅雨時期に森の中で見る事が出…

【奄美の星空】 長寿の星「カノープス」 

【奄美の星空】 長寿の星「カノープス」 

天体好きにはたまらない星【カノープス】と言う星を知ってますか…

かごしま旅クーポン利用 自粛のお願い

かごしま旅クーポン利用 自粛のお願い

鹿児島県内の新型コロナウィルス感染症の感染拡大状況が「ステー…

Blue Light Amami

ブルーライト奄美
〒894-0508
鹿児島県奄美市笠利町大字用安1264−5
TEL:0997-69-4958
FAX:0997-58-7827
受付:午前9時〜午後7時

bluelight.amami

Load More... Follow on Instagram